沿革

明治17年 南方弥右衛門(初代)が紀州侯の籾倉を譲りうけ、酒造業として創業。(博物学者 南方熊楠の父)
明治23年 南方常楠(2代目)が事業を受け継ぐ。(博物学者 南方熊楠の弟)
明治28年 三千石を醸造、全国酒造家造石高西方前頭21枚目にランクされる。
明治40年 大隈重信候が酒名を「世界一統」と命名する。
明治43年 兵庫県西宮市に、西宮工場をつくる。
大正6年 アサヒビールの和歌山全県特約となり、卸売業務を開始する。
大正15年 個人営業より株式会社に改組、社名を南方酒造株式会社とする。(6,881石を醸造)
昭和10年 広島県西条に工場を持ち、製品の販路を国内はもとより、韓国、中国に拡大する。
昭和17年 南方常太郎(3代目)社長に就任。企業整備のため、西宮工場を閉鎖する。
昭和20年

和歌山空襲のため、一切の生産設備を焼失する。直ちに復興に着手。
本社の地に東蔵を建設、和歌山市において醸造を再開する。(781石を醸造)

昭和30年 鉄筋3階建ての乾蔵を建設、生産能力を増強する。
昭和35年 南方久雄(4代目)社長に就任。ビール、飲料水卸売部門を会社に統合する。
昭和41年 兵庫県西宮市に灘工場を復元、操業を開始する。
昭和46年 社名を、株式会社世界一統に変更。南方信雄(5代目)社長に就任。
全酒類卸売免許を取得、洋酒の取扱いを開始する。
昭和50年 創業以来最高の15,316石を醸造する。
昭和51年 サントリーの洋酒特約契約。第1倉庫(53年)第2倉庫(60年)を建設する。
昭和52年 現在の主力製品である吟醸<イチ>ブランドを商品化。
昭和62年 正徳3年(1713年)徳川吉宗によって創設された学習館藩校跡地に、本社事務所ビルを建築する。
平成3年 南方康治(6代目)社長に就任。灘工場を本社工場に統合。次世紀へ向けての酒造近代化工事に着手する。本醸造<熊楠>ブランド設立。南方熊楠の写真入のボトルラベルデザイン・熊楠筆の粘菌図を組み合わせた化粧箱は当年のパッケージデザイン賞を総ナメに。
平成4年 約50年間続いた清酒級別が廃止。屋外醗酵タンクによる近代酒造工場と、吟醸・純米酒専用の手づくり蔵を工場内に併設する。
平成5年 テレビCMがおなじみの「白い、白いラベルの世界一統」(←テレビコマーシャルはこちらをクリック)となる。
平成16年 独立行政法人 酒類総合研究所主催の全国新酒鑑評会にて特醸大吟醸<イチ>
金賞受賞する。(以降、4年連続金賞受賞)
現 在 整った近代諸設備と最新の技術、伝統の酒づくり等により、「紀州の銘酒」として地元和歌山を中心に、大阪・東京方面へ出荷。
また、ビール(アサヒ・サントリー)洋酒(サントリー・アサヒ・メルシャン)飲料水(アサヒ飲料・サントリーフーズ)食品等を中心に卸売部門の業容も拡大。
南方熊楠ゆかりの蔵として、講演会活動・文化事業にも取り組む。