スローガン・挨拶

スローガン

清酒世界一統は、受け継いだ伝統の技にくわえ、早くから先進技術の数々を導入してまいりました。そして今、私たちのライフスタイルが大きく変ろうとする変革の時代を迎え、さらなる味の追求に全社を挙げて取り組んでいます。
新しいスローガン「うまさの先へ」は、そんな酒造りに挑戦し続ける世界一統の情熱であり、あるいは「食」の未来を見つめる世界一統の姿勢でもあります。どうぞご安心して、ゆったりと「世界一統」をご賞味ください。

挨 拶 世界一統の創業は明治17年、初代南方弥右衛門が紀州侯の米蔵だった土地建物を譲り受け、酒造業を創始いたしました。戦災により蔵は全焼いたしましたが復興し現在にいたります。代々酒造業を営み私は6代目にあたりますが、120年以上の歴史伝統のある会社を未来永劫に繁栄させ、これからも地域社会に貢献してまいる所存であります。生物学者、民俗学者として世界的に有名な南方熊楠は創業者弥右衛門の次男として生まれ、私の曽祖父の兄にあたります。世界一統は南方熊楠ゆかりの蔵ともいえます。創業以来、世界一統はお客様に満足していただける商品の開発に向け諸先輩方から受け継いだ技術の技に加え、先進的技術を導入し良い酒造りに徹してまいりました。ライフスタイルが大きく変化する時代に対応するべく更なる味の追及に全社あげて取り組んでおります。スローガン「うまさの先へ」は酒造りに挑戦し続ける世界一統の情熱であり、「食」の未来を見つめる世界一統の姿勢であります。おかげさまで独立行政法人酒類総合研究所主催の全国新酒鑑評会において平成16年より4年連続金賞受賞の栄誉を頂いております。今後もご愛飲の皆様方に満足していただける酒造りに精進してまいります。

平成20年1月
代表取締役 南方康治